アフリカ講座

アフリカ大陸の国々には、私たちがまったく知らない生活、自然、文化があります。
この講座では、その世界で生活し、活動してきた人から「生きた」現地の姿を話してもらいます。
タンザニア・ダルエスサラーム大学に留学した早稲田大学の学生の方にきていただきました。
たくさんの写真を交えたお話で、タンザニア大学での授業の様子、日本人には不思議に見える「髭をはやした女性」の姿、多様な学生生活など楽しい話を聞きました。いつものように活発な質疑応答で、「なーるほど」タンザニアの学生やタンザニア人は、そういった行動、習慣を持っているんだと納得することばかりでした。
エチオピアから日本に留学している学生の方にきていただきました。話の内容は主にエチオピアの教育の話でした。エチオピアの教育制度、そこで学ぶ子どもたちや通わせる親たちの経済力など、参加者から多くの質問が出て、とても有意義な時間でした。
講座の講師には、アフリカ各国の留学生だけではなく、青年海外協力隊隊員、国際協力事業に関わるスタッフ、アフリカにプロジェクトを持つ他のNGO,NPO団体のスタッフ、時には各国の大使館のスタッフなど、様々な方々を招待しています。現在までに200人を超える方々に来ていただき、教育、農業、植林、音楽、美術、識字教育、女性の自立、地域開発などさまざまなテーマで話していただきました。
参加希望の方へ
・アフリカ講座は、毎月一回、東京都新宿区市谷のJICA(国際協力事業団)研修室で実施しています。
・会場費や講師への謝礼などを含めて、参加費(社会人1000円、学生500円)をいただいています。
・参加には予約は必要ありません。直接会場においで下さい。日程その他はトップページに記載してあります。

担当: 永棟 tnagamune@nifty.com