クッキングパーティ2013年:スーダン、タンザニア、エチオピア

 8月の例会は恒例の「AFRICAN COOKING 2013」を行いました。今年はタンザニア本土ご出身のマリアムさんと、スーダンから来日されているファタさんにそれぞれの国の郷土料理を2~3種類を教えていただきました。

 ファタさんは今回、新婚早々、奥様をお連れ頂いたのでKI-AFRIKAから記念に日本のかわいらしい風鈴を2個お贈りしました。

 全員で楽しく調理したものを美味しくいただいた後、別室の和室で日本エチオピア協会のご協力を得て「コーヒーセレモニー」も楽しみました。伝統的な作法で生豆を水洗いしてから火にかけて焙煎し、小さい臼と鉄の棒で挽いて、それを伝統的なポットで煮出すというものです。これを小さなお茶碗で、3煎までいただきます。その間に乳香の香も漂ってきました。

■スーダン料理 Abdelfattah さんのレシピ

1) Mulah batatis (スーダン風肉じゃが)
一口大に切って塩・こしょうした牛肉と玉ねぎを炒め、ジャガイモ、トマトを加えてひたひたの水で煮る。スパイスで味を調えて出来上がり。
2) Lahma muhammara (肉の揚げ煮)
ラム肉の薄切りと玉ねぎに水を加え、塩・コショウ・スパイスを加えて軟らかく煮る。煮汁を取り除いてから多めのサラダ油を鍋に加えて肉に焦げ目がつくまで炒める。煮汁はレモン汁を加えてミキサーにかけ、スパイスで味を調えてソースとして添える。
3) ひよこ豆のコロッケ
一晩水につけたひよこ豆をフードプロセッサーにかけ、ペースト状にし、塩・コショウ・スパイスで味を調え、大匙一杯分にまとめながらサラダオイルで揚げる。
4) アボカドサラダ
ニンジン、ピーマンは細かいみじん切り。アボカド、ゆで卵はフォークでつぶしてペースト状にする。食べる直前に細かく切ったトマトを混ぜ塩・コショウ・レモン汁をかけて味を調える。

■タンザニア料理 Mariam Yazawa さんのレシピ

1) Mchuzi wa maharagwe (豆のシチュー)
豆(うずら豆、金時豆など)を一晩水につけ、かぶるくらいの水で煮る。別に一口大に切った玉ねぎとにんにくのみじん切りを炒めて豆に加える。ニンジン、ピーマン、トマトを一口大に切って豆に加え、塩・コショウ・カレー粉で味を調える。全体が柔らかくなったらココナツミルクを加える。
2) Wari wa nazi (ココナツ風味のご飯)
米は洗ってザルにあげ30分おく。ココナツミルクを少し薄めたもので普通に水加減をし、塩を加えて炊飯器で炊く。